チケットチェンジ後払い利用規約

本利用規約(以下「本規約」と言います。)には、チケットチェンジ会員サービスの提供条件および当社と会員の皆様との間の権利義務関係が定められています。本サービスをご利用いただくためには、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

第1条(会員)

本章における会員とは、本規約を承認の上、チケットチェンジ(以下「当社」といいます。)が提供する「後払い」サービス (以下本章において「本サービス」といいます。)の利用を申し込み、当社が承認した方をいい、営利を目的としない個人に限ります。

第2条(会員登録)

  1. 本サービスの利用を希望する者(以下「会員登録希望者」といいます。)は、本規約の内容を承諾し、遵守することに同意した上で、当社の定める一定の情報(以下「会員情報」といいます。)を当社の定める方法で当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用申込をする。
  2. 当社は、前項に基づく会員登録申込みを受領した場合、当社所定の審査を実施した後、その結果を会員登録希望者に通知するものとします。
  3. 当社は、会員登録希望者に以下の各号に掲げる事由のいずれかが認められる場合、又はそのおそれがある場合には、会員登録及び再登録を拒否することができます。その場合、当社は、その理由について入会希望者に対し一切開示義務を負いません。
    1. 当社に提供した会員登録申込み事項の全部又は一部に虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
    2. 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意を得ていなかった場合
    3. 第16条第5項に定める反社会的勢力等である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等との何等かの交流若しくは関与を行っている場合
    4. 過去に当社との契約に違反した者又はその関係者であると当社が判断した場合
    5. 第16条に定める措置を受けたことがある場合その他、当社が会員登録を適当でないと判断した場合
  4. 日本国籍を有するもの

第3条(携帯電話番号への通知について)

  1. 会員は、本サービスの会員申込時に当社所定の方法により会員が利用する携帯電話の電話番号を当社に提供するものとします。
  2. 会員は、前項に基づき会員が当社に対して提供した電話番号を、当社が会員を識別するためのIDとして利用することに同意するものとします。

第4条(パスワード関連)

  1. 会員は、会員申込時にパスワードを所定の方法により当社へ申し出るものとし、当社は、会員より申出のあったパスワードを所定の方法により登録するものとします。ただし、会員からの申出がない場合又は会員が申し出たパスワードにつき当社がパスワードとして不適切と判断した場合は、当社所定の方法によりパスワードを登録又は変更することがあります。
  2. 会員は、登録したパスワードを他人に知られないよう管理するものとします。
  3. 本サービスの利用に際して、当社は、ID及びパスワードを用いて会員本人による利用か否かの判別を行うものとし、登録されたID毎の正確なパスワードの入力が確認できた場合には、パスワードについて盗用その他事故があっても、そのために生じる一切の当社の対する債務については会員が支払の責任を負うものとし、この場合において会員に生じた損害について当社は一切の責任を負わないものとします。ただし、パスワードの管理について会員に故意又は過失がないと当社が認めた場合にはこの限りではありません。

第5条(会員情報の変更)

会員は、会員登録情報に変更が生じた場合、速やかに当社に通知するものとします。

第6条(本サービスの利用方法について)

  1. 本サービスは、必ずしも利用を保証出来るものではありません。
  2. 会員は、規定する審査の結果、当社が会員に対し本サービスの利用を承認しない場合があることを予め承諾するものとし、利用承諾が得られなかったことによって会員に損害が生じた場合であっても、当社に対し当該損害の賠償請求を一切行わないものとします。

第7条(返済方法等)

  1. 本サービスの利用代金その他本規約に基づく会員の当社に対する一切の支払債務は、原則として利用日から15日以内とし、当社が定める金融機関に支払いするものとします。
  2. 会員は、利用金額について異議があることは、当社に対して問い合わせすることが出来るものとし、当社は、速やかに利用内容及び問合せ内容を調査するものとします。

第8条(禁止事項)

会員は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。

  1. 本サービスを、営利を目的として利用をすること
  2. 詐欺等の犯罪に結びつく、又は結びつくおそれのある行為
  3. 本サービスによりアクセス可能な当社又は第三者の情報を改ざん、消去する行為
  4. 同一人物が、複数の会員登録を行う行為、又は複数人が共有する情報を利用して会員登録を行う行為
  5. 実在又は架空の第三者になりすまして本サービスを利用する行為
  6. 有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他者が受信可能な状態におく行為
  7. 登録に際して、架空及び実体のない(虚偽を含む)登録内容をする行為。(第12条参照)

第9条(本サービスの停止等)

  1. 当社は、次の各号に該当する場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に本サービスの一部若しくは全てを中断、停止又は中止することができるものとします。
  2. 当社は、本条に基づき本サービスが中断、停止又は中止となったとしても、これに起因する会員又は他の第三者が被ったいかなる不利益、及び損害について一切の責任を負わないものとします。
    1. 本サービスに関するシステムの保守、点検、修理、変更を定期的に又は緊急に行う場合
    2. 本サービスに関するシステムに負荷が集中した場合
    3. 本サービスに関するシステムがコンピュータ、通信回線等の事故等によりその機能を十分に発揮できない場合
    4. 会員のセキュリティを確保する必要が生じた場合
    5. 火災、停電などや、地震、噴火、洪水、津波などの天災により、本サービスの提供が困難な場合
    6.  戦争、変乱、暴動、争乱、労働争議などにより本サービスの提供ができなくなった場合
    7. 第三者による本サービスのシステムの破壊や妨害行為(データやソースコードの改ざん又は破壊を含む。)などにより運営ができなくなった場合
    8. その他当社が本サービスの一時的な中断、停止又は中止を必要と判断した場合

第10条(退会)

  1. 会員は、いつでも当社所定の手続により本サービスから退会することができます。会員は、退会したときは、本サービスの利用に関する一切の権利を失うものとし、また退会にともなって当社に対して何ら請求権も取得しないものとします。
  2. 会員が死亡したときは、その時点で退会したものとみなします。
  3. 会員が当社に対し個人情報の破棄を申し出た場合、当社が当該個人情報を破棄した時点で退会したものとみなします。
  4. 当社が会員に対し電子メールにより連絡することができなかった場合は、その時点で退会したものとみなすことができます。
  5. 当社は、会員が退会する場合、支払日にかかわらず支払債務全額を直ちに請求できるものとします。ただし、当社が認める場合は、通常の支払方法によるものとします。 この場合、会員は、未払債務を完済した時点で退会となることを承諾するものとします。
  6. 会員は、当社所定の退会手続を行った後も、本サービスに関して生じた一切の利用代金等について、当社から請求があった場合、その支払いの責任を負うものとします。

第11条(債権譲渡)

  1. 当社は、当社が必要と認めた場合、当社所定の事業者に譲渡する場合があります。
    会員は、当該債権譲渡を予め異議なく承諾するものとします。
  2. 債権譲渡がなされた場合、利用者は前項の事業者(債権譲受人)から直接連絡(連絡、通知、督促等その名称を問いません)を受けることがありますので、予めご了承ください。

第12条(準拠法・合意管轄)

本規約及び本サービスに関する準拠法は日本法とします。また、利用者は、本サービスについて紛争が生じた場合、訴額のいかんにかかわらず、当社の本社を管轄する簡易裁判所及び地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とすることに同意するものとします。

  • 架空及び実体のない登録をして当社から商品を受取る行為をした場合、管轄警察署(福岡中央警察署)に直ちに被害届を提出するものとします。